車検を安くしたいのは、誰しも同じだと思います。

そこで、まずいちばん安く車検費用を安くするには、ユーザー車検です。

車検は、法律で決まっているので、車検に合格しないと公道を走れません。

でも、10万くらいかかますから、できるだけ簡単に、早く、そして安く済ませたいと思う人がほとんどでしょう。

で、ユーザー車検です。

ユーザー車検は、平日に休みさえ取れれば車検に通すことだけを考えると実は案外簡単です。

特に前回の車検をディーラー車検とか整備工場で行った場合、とくになにもしなくてもユーザー車検を通せるんです。

で、まずは24ヶ月点検だけは、整備業者に頼むのがおすすめ。これなら、2万円以下でもできます。

 

ユーザー車検の流れは、

まずは、予備検査場で、サイドスリップ検査・調整、ブレーキ・スピードメーターの検査、ライトの光軸検査チェック、排気ガス検査、調整をしてもらいます。

ちなみに、予備検査場で調整不能などが見つかれば、車検合格は難しいと思います。

つぎに、運輸支局で用紙を入手し作成します。ふつうは、自動車検査票、自動車重量税納付書、継続検査申請書です。

次に重量税、検査手数料を払います。

で、自賠責保険の継続加入の手続きです。自賠責保険の保険期間延長をしなければなりません。代書屋さんとかでするのがふつうです。

で、自動車税納税証明書(継続検査用)を納税確認窓口にだし、問題がなければ、押印してもらえます。

その後、車検の受付となります。

検査コースは、自動車に乗り、検査コースで受検を行います。
1回の検査申請による検査コースへの入場回数は、3回までです。

それから、車検証の交付をうけます。検査が合格すれば、書類一式を車検証交付窓口へ提出し、その後、新しい車検証と検査標章がもらえ、終了です。

 

5万円くらいで済みますよ。