「未分類」の記事一覧

どこの業者で車検を受けるか

未分類

車検の費用をできるだけ安くするためには、どこの業者で車検を受けるかを決める必要があります。

一般的に、車検業者を分けるとディーラー、整備工場、車検専門チェーン店、ガソリンスタンド、カー用品店

だと思います。もちろん、いちばん安いのユーザー車検でしょうけど、車に詳しくないと結構ハードルが高いと思います。

で、これらのなかでいちばん高いのがディーラー車検です。

ただし、ユーザー車検とかなら整備をしないですから、車検後に故障してしまうことも少なくないのです。

しっかりと整備をし、ディーラー車検より安く済ませたいなら車検専門チェーン店を利用するのがいいのかなと思います。

価格だけで選ぶなら整備工場、車検専門チェーン、ガソリンスタンド、カー用品店になると思います。

とはいえ、きっちりした整備をしてもらえる安心感を得るには整備工場、チェーン店が無難かなと思われます。

ガソリンスタンドやカー用品店は車に対する知識も豊富ですが、車検業をはじめてからそれほど長くはありません。

なのでチェーン店や整備工場で車検を受けるのがいいと思います。さらに複数の車検業者から見積もりを取ることでより安く業者を選べます。

そして、不要な検査項目を削り、最終的に車検費用を安く抑えるのです。

あと自分でできる部分は日頃から自分でやっておくのも安く済ませるコツです。
ブレーキフルード交換、エンジンオイル、ブレーキメンテナンス、PCVバルブクリーニング、ATF、ブレーキパット、エンジンリフレッシュ、エアーエレメントなどは定期的に交換しておくと車検費用を削減できます。

ディーラー車検で安くするには

未分類

車検をどこで受けるかということで、ディーラー車検を調べてみました。

そもそも、ディーラー車検は、高いです。
その理由は、純正パーツを使っているために、整備で部品交換が必要になった場合、純正パーツに替えてもらえます。純正パーツは、その車にマッチし、しかも高品質保証なので、安心感があります。

また、整備の質が高いです。車検後すぐに故障などがあっては、信用問題になりますから、ディーラー車検のクォリティは高いのです。ディーラーがメーカーの名前を背負っている所以です。

そのために、どうしても工賃が高くなる傾向にあります。さらには、サービス費用なども上乗せされている場合もあります。ディーラーのサービスは、かなり充実しています。そういったトータルのサービスが含まれているんです。

では、ディーラー車検は、安くできないのかというと、そうでもありません。

ディーラー車検で安くするコツとしては、ひとつは、車検を受けるタイミングです。ディーラーには、車検台数の目標数がありまです。

で、とくに狙いたい時期としては、3月と9月になります。

ディーラーの決算は、3月9月が多く、その時期になると車検を多く受けたいがために、値段やサービス面で、いろいろと配慮してくれるケースが多いようです。交渉も必要ですが。。。。

ただ、これは車の購入時期とかの絡むので、車検の有効期限が決まっているわけで、簡単には難しい点もあります。

そこで、おすすめは月末週に車検を受けることで、少しでも優遇してもらえる可能性が高いといえます。

ユーザー車検

未分類

車検を安くしたいのは、誰しも同じだと思います。

そこで、まずいちばん安く車検費用を安くするには、ユーザー車検です。

車検は、法律で決まっているので、車検に合格しないと公道を走れません。

でも、10万くらいかかますから、できるだけ簡単に、早く、そして安く済ませたいと思う人がほとんどでしょう。

で、ユーザー車検です。

ユーザー車検は、平日に休みさえ取れれば車検に通すことだけを考えると実は案外簡単です。

特に前回の車検をディーラー車検とか整備工場で行った場合、とくになにもしなくてもユーザー車検を通せるんです。

で、まずは24ヶ月点検だけは、整備業者に頼むのがおすすめ。これなら、2万円以下でもできます。

 

ユーザー車検の流れは、

まずは、予備検査場で、サイドスリップ検査・調整、ブレーキ・スピードメーターの検査、ライトの光軸検査チェック、排気ガス検査、調整をしてもらいます。

ちなみに、予備検査場で調整不能などが見つかれば、車検合格は難しいと思います。

つぎに、運輸支局で用紙を入手し作成します。ふつうは、自動車検査票、自動車重量税納付書、継続検査申請書です。

次に重量税、検査手数料を払います。

で、自賠責保険の継続加入の手続きです。自賠責保険の保険期間延長をしなければなりません。代書屋さんとかでするのがふつうです。

で、自動車税納税証明書(継続検査用)を納税確認窓口にだし、問題がなければ、押印してもらえます。

その後、車検の受付となります。

検査コースは、自動車に乗り、検査コースで受検を行います。
1回の検査申請による検査コースへの入場回数は、3回までです。

それから、車検証の交付をうけます。検査が合格すれば、書類一式を車検証交付窓口へ提出し、その後、新しい車検証と検査標章がもらえ、終了です。

 

5万円くらいで済みますよ。

ページの先頭へ